弊社が誇る自慢の職人〜名工物語〜 弊社が誇る自慢の職人〜名工物語〜

一級塗装技能士

一途一心、常に努力

一級塗装技能士

お客様の日常生活や日々の考えも考慮して
ご要望に応え続ける、誠の名工。「西村 昭文」職人歴17年以上/施工棟数1400棟以上

頭文字

べてはお客様に喜んでいただくために。
時間と労力は惜しまない。

美しく仕上げるために、
目が届かない箇所も丁寧に施工します。

お客様のお住まいにとって最も良いことなら「手間を惜しまず」。それが職人としての信念です。 例えば、劣化箇所は程度によってとても分かりにくいものがあり、事前のチェックは「ここまで確認するのか」と思われるくらい慎重に行なっています。 そして、大切なお住まいを長持ちさせるために、必要な事は自分が納得するまでしっかりと時間と労力を注ぎ込みます。

頭文字

べてはお客様に喜んでいただくために。
時間と労力は惜しまない。

美しく仕上げるために、
目が届かない箇所も丁寧に施工します。

どんな仕事も抜かりなく

お客様のお住まいにとって最も良いことなら「手間を惜しまず」。それが職人としての信念です。 例えば、劣化箇所は程度によってとても分かりにくいものがあり、事前のチェックは「ここまで確認するのか」と思われるくらい慎重に行なっています。 そして、大切なお住まいを長持ちさせるために、必要な事は自分が納得するまでしっかりと時間と労力を注ぎ込みます。

几帳面な性格が活かされる場面です

頭文字

流を目指し、
どこまでも追求し続ける。

お客様に喜んでもらい「ありがとう」と感謝の言葉をもらえた時は、心底嬉しいです。
信頼を寄せていただくために、 常に技術向上の努力を 続けています。

■道具へのこだわり

道具の良し悪しは仕上がりに大きく影響するため、慎重に選ぶ必要があります。 そこでチームメンバー間でも常に情報を共有し合い、「これぞっ!」という道具を使用しています。

確かな品質の道具を選定

■施工へのこだわり

洗浄

近隣のお宅への配慮を第一に考え、壁・屋根の汚れが水とともに飛散しないように、角度や水圧にも気をつけて洗浄します。

下地補修

この工程が不十分だと、表面的にはきれいに塗られていても不具合は必ず出るので、補修した部分が分からなくなるまで、しっかりと丁寧に処理をします。こだわりのある一番自信のある工程です。

作業は手際よく

養生

塗りの手直しが発生しないように、また塗料が飛散することを防ぐために、慎重に養生を行ないます。 仕上がりのイメージをもって対応することが大切な工程です。

細部まで丁寧に施工します

下塗り

仕上がりの美しさを引き出すために、塗装面の状況を見極め、必要に応じて2回以上塗ることもあります。 ここでも手間は惜しみません。

施工後のチェックもぬかりなく

中塗り・上塗り

最後の仕上げで、職人として腕の見せ所です。 基準塗布量を順守し、ムラなく仕上がるよう細心の注意を払って丁寧に施工します。

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら

0120-221-256

問い合わせ
無料見積
PAGE TOP